MENU

ひとりビジネスをするなら仕事と関係ないコミュニティに属してみては

ひとりビジネスをはじめると、「もう何日も家族以外と話をしていない・・・」なんてことはありませんか?

私はひとり暮らし・ひとり税理士なので、1日誰とも話をしていないことがあります。

ひとりビジネスをする人は、恐らくひとりでいることが好きで苦にならないタイプが多いでしょう。

しかし、何日もひとりまたは家族としか顔を合わせていないと気分が落ち込み、家族がいればつい当たってしまうかもしれません。

ひとりビジネスは思っている以上に孤独で、考えが煮詰まり、「うまくいかないんじゃないか」と考えが暗い方へ向かうことがあります。

そんなときは、仕事と関係ないコミュニティに属することをおススメします。

目次

習い事をはじめる

会社に勤めているときは、習い事に興味があっても行く時間がなく諦めていた人もいるかもしれません。

ひとりビジネスをはじめて時間ができたなら、習い事をはじめてみてはいかがでしょうか。

私は近所で極真空手を習っています(会社勤めのときはまったく興味ありませんでしたが、姿勢の悪さを治したいと思ってはじめました)。

習い事は仕事以外のことに集中して頭を使うので、気分転換やストレス解消になります。

趣味のコミュニティに入る

同じ趣味の人が集まるコミュニティに入れば、趣味の話で盛り上がることができます。

私は趣味である登山のサークルに入りました。

今までサークルはあまり興味がなくひとりで登っていましたが、最近になって誰かと山について話がしたいと思い、思い切って連絡してみました。

結果、山の思い出や今まで知らなかった山やイベントなどの話しができて楽しいです。

私がサークルを探すのにつかったサイトは「スポーツやろうよ」です。

もしスポーツサークルに入りたければ、こちらで探すのがおススメです。

地元のコミュニティに入る

近所に知り合いを作りたければ、「ジモティー」などで地元のコミュニティを探してみてはいかがでしょうか。

私もたまたまジモティーで近所の農家がボランティア募集していることを知り、応募しました。

自分の地元の新しい発見につながりますし、何より近所に知り合いがいればいざという時に心強いです。

まとめ

会社勤めしているときは「ひとりで仕事したい」と憧れますが、いざひとりになると寂しさを感じることがあります。

同じ仕事のコミュニティに入って悩みやノウハウを共有するのもいいですが、仕事以外の仲間を作って他愛のない話をすることも大切だと思います。

いいコミュニティがなければ自分で作って仲間を募ることだってできます。

仕事や家族以外の居場所を探してみてはいかがでしょうか。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次
閉じる